複数の通信講座を比較!自身に適した行政書士講座とは

行政書士通信講座の比較ポイントを紹介!~自身のレベルを把握する~

行政書士国家試験の勉強方法

とにかく、法律の専門用語を覚えることが大切です。また、相続や権利関係に関する法律判例をチェックすることを徹底しましょう。その後は過去問題や類似問題を解きましょう。

行政書士と司法書士の違いとは

司法のエキスパートが司法書士です

会社登記や建物登記のほか、裁判所に提出する書類などを作成し手続きを行うのが司法書士です。法務局や裁判所などを主なフィールドとしています。

行政に関する法律のエキスパートが行政書士です

行政書士は行政手続きのエキスパートです。警察や自治体役場など行政の場をフィールドとし、書類作成や手続き代行を行います。

複数の通信講座を比較!自身に適した行政書士講座とは

勉強する人

複数の通信講座を比較する際のポイント

複数の通信講座を比較する場合、費用面で比較することはNGです。一番チェックしてほしいのが「初心者向けか、法学経験者向けか」というようなテキストの難易度をチェックするべきでしょう。イラストや漫画などでポイントがまとめられている物などもチェックの対象とするとよいですね。

通信講座の受講料の相場について

通信講座の受講料の相場は、初心者を対象にした講座の場合、3万~6万円が相場とされています。相場には若干の開きが見られますが、テキスト数や動画フォローといった体制の充実などが価格に反映されていると捉えると分かりやすいかもしれません。

国家試験の申込方法

毎年8月中旬に試験案内と受験申込書が配布されます。郵送請求ができる他、都道府県窓口や行政書士会でもらい受けることができます。またweb申込も可能です。パソコンに取り込める個人写真を準備することでweb受験申し込みができますので、利用してみましょう。

行政書士国家資格の合格率

行政書士試験の合格率は、毎年20%程度と言われています。試験の難易度はさほど高くないのですが、出題範囲が広いことや、多数ある過去の判例に基づいた設問構成が多いこと、法律用語・独特の言い回しなどがあるため正答率が落ちてしまうことが原因として考えられています。

広告募集中